KAORU AIDA間 薫

建築構造物の施工管理
(現場責任者)

建築部 2015年入社

どんな現場でも柔軟に対応できるような、懐の深い現場責任者を目指したい。

印象に残っている仕事を教えてください

弊社の増築工事になります。施工開始が冬だったので、天候にも左右されますし、工事の進捗状況に合わせ日々現場の様子も変わってきます。
その慌ただしい中でも、広い視野で現場を見て回り、危険箇所はないか、図面通りに施工がされているかなど、常にまわりに気を配ることを意識しました。

仕事のやりがいを教えてください

さまざまな設計士が設計した建物や空間を作ることが多いので、常に新しい工法で現場は進みます。
そういった環境下にいるので、一人ひとりの知識量や技術レベルがとても高いと思いますし、自分のさらなる成長を実感できます。

今後の目標について教えてください

「達成感」と「使命感」を忘れずに、どんな現場でも柔軟に対応できるような、懐の深い現場責任者を目指したいです。
これから豊和建設への入社を考えている人も、この2つを意識して仕事に取り組めば、きっと楽しみながら成長できると思います。

共に建築の現場に立ち「やりがい」や「達成感」を分かち合いましょう。

建築構造物の施工管理は、人一倍「やりがい」や「達成感」を味わえる職種だと感じます。
特に自分だけではなく、同部署のスタッフと共にチームで竣工させた現場には色々な思いが詰まっています。
形として残る仕事なので、その現場を通るとお客様の喜んだ顔が思い浮かびます。
大変な仕事ですが「自分を成長させたい」や「やりがいのある仕事に携わりたい」と考えてる人にはとても向いている仕事だと思います。
特に弊社の建築部は、さまざまな現場に携われるので、自分をより成長させたい方には最高の職場だと思います。

ある1日のスケジュール